琉大ハカセ塾(ジュニアドクター育成塾)

よくある質問

最終更新日:2018年4月24日

ジュニアドクター育成塾  よくある質問

Q1.このプログラムの受講対象は何年生ですか?

A.小学校5年生から中学校3年生を対象としています.小学校4年生以下,高校生以上は受講できません.

Q2.応募時に学校からの推薦書は必要ですか?

A.学校からの推薦書は必須ではありません.学校側で必要と判断した場合のみご提出ください.

Q3.スケジュールの関係で出席できない日があります.欠席した場合はどうなりますか?

A.第一段階教育プログラムでは,可能な限り全ての講義,実験を受講していただくのが前提となっています.ただし,学校の授業や行事,クラブなどで欠席する場合は,事務局までお知らせください.

Q4.第一段階選抜が不合格だった場合,来年も受験できますか?

A.受験できます.試験は1年に1回ですが,何度でも受験することができます.

Q5.沖縄県外や沖縄本島以外からの受講は可能ですか?

A.可能です.ただし,第一段階教育プログラムの受講の場合,開催場所までの交通費等は自己負担となります.第二段階教育プログラム受講生には,交通費の一部補助があります.

Q6.中学校3年生ですが,教育プログラムの最後まで受講できますか?

A.この教育プログラムは中学校3年生までを対象としてます.第一段階教育プログラムは1年間ですので,2年目(第二段階教育プログラム)は受講できません.

Q7.講義などのレベルはどのくらいですか?

A.学校での学力や学年は問わない内容となっています.「なぜ?」「どうして?」といった疑問を持ち,答えを知るための方法を考えだし,それを検証する力を養うことに主眼に置いています.教育プログラムの中で,仲間と共に力を身に付けることを期待していますので,やさしいレベルから講義を行います.分からないことがあればシニアメンター・メンターがわかるまでサポートします.

Q8.研究をやったことがないですが,大丈夫ですか?

A.はじめて「研究」に触れることを想定した教育プログラムになっていますので、心配する必要はありません.すでに研究実績をもった受講生は,第一段階教育プログラムの段階から研究支援を受けることができます.

Q9.講義の参加にあたっては,保護者同伴が必要ですか?

A.講義,実験・演習には,受講生一人のみでご参加ください.保護者向けの控室などは準備いたしませんが,大学生協が営業していることもありますので,そちらをご利用ください.

Q10.講義などは海や生物に関するものが中心ですか?

A.分野は特に限定していません.興味・関心が定まっていない受講生も想定していますので,第一段階教育プログラムでは数学(算数)や化学,物理なども取り扱います.ロボットや宇宙,医薬品など,幅広い分野に関心をお持ちの参加者も歓迎します.

Q11.講義の日に台風がきたらどうなりますか?

A.暴風警報及び気象等に関する特別警報発表に伴う授業の取り扱い(台風時の対応)は原則,琉球大学の規程に従います。琉球大学HP

・沖縄本島内に暴風警報又は暴風特別警報が発表されている間は,休講です。
・沖縄本島内中南部市町村*の全域又は一部に大雨特別警報が発表されている間は休講です。
・暴風警報,暴風特別警報,大雨特別警報(暴風警報等)が授業等の開始後に発表された場合は,速やかに休講とします。
・暴風警報等の解除に伴う授業等の取り扱いは次の通りです。
(1) 午前6時30分までに解除された場合は,1限目(午前)から授業等を行います。
(2)午前11時までに解除された場合は,3限目(午後)から授業等を行います。
*沖縄本島中南部市町村

読谷村,うるま市,沖縄市,嘉手納町,北谷町,北中城村,宜野湾市,中城村,浦添市,西原町,那覇市,南風原町,与那原町,南城市,豊見城市,八重瀬町,糸満市

上記に該当しない場合も,お住まいの状況に合わせて出欠の判断をしてください.

Q12.講義(第一段階)の予定を教えてください.

A.受講生の興味関心を考慮して時間割を作成しますので,時間割は毎年度変わります。そのため,詳細は受講生決定後に受講生へお伝えします.

平成30年度は6月2日,6月16日,6月30日,7月7日,7月28日に講義を行う予定です.

カリキュラムのページもご参照ください.